定番を作ろう!

お孫さんと関わる時に、あなたにしかできない定番を作ると子どもはおじいちゃん・おばあちゃんと
会えるのをとっても楽しみにします。

例えば我が家の場合・・・
私の父) 来ると必ずファミレス(我が家はデニーズ)に連れて行ってくれ、レジの横においてあるおもちゃを買ってくれる。

私の母) 来ると必ず幼児雑誌を一緒に買いに行き、付録を作ってくれる。

夫の両親) 帰省すると必ずトイザラスに連れて行ってくれ、おもちゃを買ってくれる。

こんな感じで決まっています。
これを“必ず”実践してくれるので子どもたちも“明日はデニーズだね、おじいちゃん来るとウレシイ”
なんてことを言います。

一番安上がりなのは私の母ですね!?
でもこれが一番コミュニケーションを取れる定番です。

必ずシャボン玉をする、必ず散歩に行ってキャンディーを買ってあげる、
必ず○○へ行く・・・楽しい定番を作ってみてください♪












カタツムリクリーム 口コミ


お料理一緒にやって!

子ども、特に女の子は台所が大好き!
2歳を過ぎた頃には台所に立ち入り、お手伝いと称していたずらをしたがります。
ママはかなーり面倒です。

そんな時おばあちゃんのおうちでケーキ作りとか粉モノ料理なんかをさせてくれると超ウレシイ!!
お友達はおばあちゃんのおうちで白玉団子作りをさせてもらっているそうです。
だから子どももおばあちゃんのおうちに行くのが大好き。
孫とのコミュニケーションがグ~ンと深まるお料理!
ぜひやってみてください。
ちなみに我が家は天ぷらの衣作りを娘にやらせてくれます。
粉を台所に撒き散らしてくれますが、寛容なおばあちゃんは“拭けば済むことでしょ”って言っています。
その寛大さをおばあちゃんから学ばせてもらっています。

懐かしの遊びを教えて!

ママは忙しくてなかなかゆっくーりと子どもと遊んであげられない・・・。
そんな時遊びに来てくれたおばあちゃんが、ゆっくり関わってくれるとありがたいものです。
その間にママは家事がはかどるしね。

お手玉遊びとか積み木、絵本の読み聞かせ、ままごとの相手などなど。
私の母は毎回付録付きの子ども雑誌を買ってきてくれて、その付録を作ってくれました。
おばあちゃんが来てくれる時はお土産に付録雑誌を持ってきてくれる、って子どもも覚えているので
いつも来るのを楽しみにしています。

おばあちゃん=○○っていう定番の遊びを作っておくと、子どもはおばあちゃんを楽しみに待ってくれると思いますよ。
どうぞお試しあれ!!